国境なき子どもたち(KnK)は開発途上国のストリートチルドレンなど恵まれない青少年を支援するNGOです。東日本大震災発生以降は、岩手県における教育支援を開始しました。
国境なき子どもたち 岩手
TOP国境なき子どもたちとはKnK HOMEKnKニュース一覧活動報告書お問合せプライバシー・ポリシー

国境なき子どもたち(KnK)は開発途上にある国々のストリートチルドレンや人身売買の被害に遭った子ども、大規模自然災害の被災児など、恵まれない青少年に教育支援を提供するNGOです。日本と諸外国の子どもたちがお互いの理解を深め、友情を育み、共に成長していくことを目的に1997年に日本で設立され、2000年からアジア各地で援助活動を展開しています。

KnKは2015年1月15日までは国税庁長官より認定NPO法人に認定されています。所轄庁の変更より、2014年12月19日以降は東京都知事より認定NPO法人に認定されています。これにより、KnKへのご寄付は税制上の優遇措置を受けられます。

こうした青少年に対しKnKは、彼らが社会の一員として認められ一市民としての社会参加ができるようになることを目的に、援助の手を差し伸べます。
大規模自然災害の被災地で援助活動を行う場合、KnKは現地のNGOと連携し緊密なパートナーシップのもとで活動を行います。

KnKは、子ども一人一人が尊重され、教育を受け、年齢にふさわしい生活を送る、といった権利を守り続けます。

3月11日の東日本大震災を受け、私たち国境なき子どもたちは翌日3月12日に、地震・津波の被災地で支援活動を行うことを決定しました。

まずウェブサイトにて、東北地方を応援するメッセージを募集したところ、日本だけでなく、活動地であるアジア各国、ヨーロッパなど、世界中の人々から3,000を超える応援の言葉が届きました。
メッセージを見る

3月19日からは、北茨城市と岩手県沿岸部にて、避難所や地域のコミュニティを回り支援のニーズ調査を開始しました。そのなかで多くの学校や生徒も被災しているという現状を知り、岩手県内の市町村や県の教育委員会、沿岸部の学校と協力し、学校生活が一日でも早く再開できるよう教育分野への支援を始めました。

教育分野への支援と同時に、教職員住宅やコミュニティセンターの修復、スポーツチームやクラブ活動への支援なども行い、震災によって子どもたちの日常や将来の夢が閉ざされてしまわないよう、子どもたちに寄りそう支援を続けています。

国境なき子どもたちは、6月から岩手に駐在する調整員を派遣し、「KnK岩手」を立ち上げ支援活動を行っております。
東北支援へのご寄付をどうぞよろしくお願いします。

KnK岩手の最新ニュースを見る

岩手県の各市町村での活動を見る

寄付する 資料請求 各種レポート 各種レポート 各種レポート
KnK岩手TOPインターネット寄付お問合せ資料請求よくある質問サイトマップリンクプライバシーポリシーKnKホームページ
認定NPO法人 国境なき子どもたち (KnK) 【事務局】 〒161-0033 東京都新宿区下落合4-3-22 Tel:03-6279-1126 Fax:03-6279-1127  ◇地図◇
Copyright © KnK Japan