国境なき子どもたち(KnK)は開発途上国のストリートチルドレンなど恵まれない青少年を支援するNGOです。東日本大震災発生以降は、岩手県における教育支援を開始しました。
国境なき子どもたち 岩手
TOP最新ニュース2011

一ヵ月遅れの入学式

2011/05/12



地震が発生し生徒は全員校庭に避難したが、津波が来たため学校裏の高台にある建物に避難した

5月10日、岩手県立高田高校の入学式が行われました。

場所は隣町にある大船渡東高校の体育館です。大船渡東高校は被災を免れたため一足先に学校が始まっており、校舎では通常授業が行われていました。高田高校は陸前高田市の沿岸部に位置していたため、巨大な津波は校舎と体育館を無残な姿に変えました。高田高校はコンクリートの概観が残されたものの全壊と同様の被害を受けてしまいました。


津波は大きな体育館を押し流し校舎と重なり合わせる形となった

新入生の入場

今後、高田高校は廃校となった大船渡農業高校の校舎を利用し授業を行うことになりました。しかし、校庭は自衛隊の基地として利用されているため、別の高校の体育館を借りてようやく入学式を執り行うことができました。

当日は180人の入学生と保護者が参列し、たくさんの報道陣に囲まれしめやかに入学式が進められた。新入生が着ていたものは中学時代の制服や先輩からもらった制服、ジャージなど。「何でもいい。勉強さえできれば」と語ってくれました。しかし、みんな同じ制服を着せてやりたいと思っている先生や親御さんもいます。


津様々な服装で臨んだ入学式

たくさんの報道陣に注目もされた

校長先生の式辞でとても印象的な言葉がありました。
「ある日卒業生から封書が届きました。手紙には『就職したばかりで少ししか出せませんが何かの役に立てて下さい』と書かれてあり、一枚の千円札が同封されていました。」校長先生は話しながら涙ぐんでいました。


式辞には校長先生の色々な思い
が込められていた

決して派手ではないが立派な入学式に胸を張って退場していく生徒たち

KnKは現在、高田高校に4台のスクールバスの提供と制服支援を調整しています。

寄付する 資料請求 人材募集 KnKブログ 各種レポート
KnK岩手TOPインターネット寄付お問合せ資料請求よくある質問サイトマップリンクプライバシーポリシーKnKホームページ
認定NPO法人 国境なき子どもたち (KnK) 【事務局】 〒161-0033 東京都新宿区下落合4-3-22 Tel:03-6279-1126 Fax:03-6279-1127   ◇地図◇
Copyright © KnK Japan