国境なき子どもたち(KnK)は開発途上国のストリートチルドレンなど恵まれない青少年を支援するNGOです。東日本大震災発生以降は、岩手県における教育支援を開始しました。
国境なき子どもたち 岩手
TOP最新ニュース2011

被災地の活動視察が行われました

2011/06/21
報告:調整員 蛯子 渉

先日、支援企業や大使館の方々が岩手県沿岸部の被災状況視察に来てくださいました。

オーガニックな化粧品を販売しているロクシタン・ジャポンの代表取締役社長、そして在日本フランス大使ご夫妻です。

ご両名共にKnKが再建支援の計画をしている釜石市のコミュニティセンター『青葉ビル』を見学していただいた後に釜石市内や山田町、陸前高田市の様子などを見てまわり、津波で受けた被害の現状を把握していただきました。


釜石東中学校の生徒が間借りして授業を行なっている釜石中学校での授業風景

その中でも、特にロクシタン・ジャポンの鷹野社長は津波により校舎が全壊してしまった釜石東中学校の様子とその生徒たちが教室を間借りして授業を受けている釜石中学校を見学して、学校を失ってしまってもなお子どもたちに対する教育への情熱を失わずにその想いを打ち明けてくださる先生方にとても感銘を受けておられました。


釜石市教育委員会の方々のご案内で青葉
ビルを見学する鷹野社長

校舎が全壊してしまった
釜石東中学校を視察中


女性教員へ化粧品の支援物資を寄贈する
ロクシタン・ジャポンの皆さん


ロクシタン・ジャパンからもらったお菓子を
手にする釜石市立栗林小学校の児童

またフランス大使は山田町の町長と面会し、もともと風光明媚であった山田町が津波によって壊滅的な被害を受けてしまったことに心を傷められているとともに、町の主要な産業であった水産業への被害とその復興計画に対し多大なご関心を抱いておられるようでした。


青葉ビルを視察するフランス大使ご夫妻

寄贈した車の前で山田町長と並ぶ
フランス大使

地図上での被害説明を
真剣な面持ちで伺うフランス大使

水産業の機能を回復したい、と願う
山田町長の言葉にも熱が入ります

岸壁に乗り上げてしまった
釜石港のタンカー

当日は盛岡から車での長時間の移動となりましたが、この度は遠くからわざわざ足を運んでいただき本当にありがとうございました。

















寄付する 資料請求 人材募集 KnKブログ 各種レポート
KnK岩手TOPインターネット寄付お問合せ資料請求よくある質問サイトマップリンクプライバシーポリシーKnKホームページ
認定NPO法人 国境なき子どもたち (KnK) 【事務局】 〒161-0033 東京都新宿区下落合4-3-22 Tel:03-6279-1126 Fax:03-6279-1127   ◇地図◇
Copyright © KnK Japan