国境なき子どもたち(KnK)は開発途上国のストリートチルドレンなど恵まれない青少年を支援するNGOです。東日本大震災発生以降は、岩手県における教育支援を開始しました。
国境なき子どもたち 岩手
TOP最新ニュース2011

岩手の現状を伝えて来ました

2011/09/01

フランスから佐々美波さん/釜石市・13歳からのレポートが届きました。

【キャンプとレポーター2名の詳細はこちら】

◇◆◇ ここから ◇◆◇

友情のレポーターの佐々美波です。

フランス滞在5日目は、エクサンプロヴァンス仏日協会の副会長のベンスーサン智子さんの家に泊まりました。同じ歳の雪乃ちゃんとシンディちゃんに、エクサンプロヴァンスの街を案内してもらい、服屋さんやアクセサリー屋さんに行ってお買いものをしました。夜は仏日協会のみなさんに、つくってきた岩手紹介のレポートと学校や家が載っている釜石の写真集を使って、岩手の現状を伝えて来ました。みなさんとても心配してくれていたみたいで、いろいろ質問してくれました。でも、「いろいろ支援が来て助かっています。」と言ったら安心したみたいで良かったです。仏日協会は、エクサンプロヴァンスで東日本大震災のために募金集めなどをしてくれているそうです。夜の歓迎会では、智子さんが作ってくれた太巻きのお寿司を食べました。久しぶりのお米でとても美味しかったです。


仏日協会の皆さんへ岩手の紹介をしました

最後は質問もしてくださいました

6日目は、釜石の姉妹都市のディー二ュ・レ・バン市の市長を表敬訪問して、岩手の現状を市長と市の職員、その子どもたちに話しました。それを聞いて泣いている人もいました。
みなさん「一緒に頑張ろう。」と、言ってくれてとても嬉しかったです。


日曜日にもかかわらず
市長が市庁舎を案内してくださいました

市長に釜石市が復興に向けて
頑張っていることを伝えました

市役所の広場でやっていたラベンダー祭りのレストランで、ディーニュ・レ・バン市に住むシモンとプルネルと大きいステーキを食べました。その後に、高校生が出していたブースで、幸せを運ぶラベンダーの香り袋をつくりました。


ディーニュ・レ・バン市のラベンダー祭

ディーニュ・レ・バン市のブース前

ディーニュ・レ・バン市のブース前で
市長と記念撮影

ラベンダーの香り袋を作りました

夜は、通訳をしてくれたあゆみさんのおばあちゃんの家で、食事会をしました。フランス人や日本人の歳の近い女の子たちとテニスをしたりして、楽しかったです。
明日は、ロクシタンのマノスク工場を見学して、岩手の現状を話すのでちゃんと伝えてきたいです。

2011年友情のレポーター 佐々美波


寄付する 資料請求 人材募集 KnKブログ 各種レポート
KnK岩手TOPインターネット寄付お問合せ資料請求よくある質問サイトマップリンクプライバシーポリシーKnKホームページ
認定NPO法人 国境なき子どもたち (KnK) 【事務局】 〒161-0033 東京都新宿区下落合4-3-22 Tel:03-6279-1126 Fax:03-6279-1127   ◇地図◇
Copyright © KnK Japan