国境なき子どもたち(KnK)は開発途上国のストリートチルドレンなど恵まれない青少年を支援するNGOです。東日本大震災発生以降は、岩手県における教育支援を開始しました。
国境なき子どもたち 岩手
TOP最新ニュース20112012

山田北小学校でお礼の会に招かれました

2012/02/07
報告: KnKスタッフ 村松 知恵子

2011年12月、岩手県下閉伊郡山田町の山田北小学校児童会から、国境なき子どもたちにご招待のお知らせがありました。校庭の整備に関わった皆さんへの、児童会主催のお礼の会です。

昨年の震災の際に、山田北小学校は、校舎には被害がなかったものの、校庭には津波が流れ込んでしまいました。子どもたちが以前のように校庭で体育の授業をしたり、休み時間に元気に遊べるよう、KnKはこの工事費用を支援しました。新たに土を運んで埋め立て、整備された安全な校庭が復活したのです。


埋め立て工事中(2011年9月)

工事が完了し、校庭が使えるようになりました!

12月20日午後、KnKスタッフが山田北小学校に到着しました。玄関では、先生方と、副校長先生がお書きになった案内板が出迎えてくださいました。


黒板にはKnKの名前や
工事を行った建設会社の名前も。

体育館では、寒い中、100名近い全校生徒と
先生方が待っていてくださいました。

児童会のご案内で会場となる体育館へ。

児童会主催なので、司会進行も全て子どもたちが行います。開会の言葉、校長先生のお話に続き、校長先生からKnKスタッフや来賓一人一人を紹介していただきました。児童代表のご挨拶に続き、皆さんからのメッセージが書かれた大きな寄せ書きが手渡されました。どのメッセージにも、子どもたちからのお礼の気持ちがぎっしり書かれています! 皆さん、ありがとうございます!


ピアノの伴奏で、全員から歌のプレゼント。歌詞の通り、山田町の青空の真ん中に、真っ白い飛行機雲のように、澄み切った子どもたちの歌声が流れていきました。


元気な声で 「スタートライン」という歌を歌ってくれました。

メッセージを贈るKnK事務局長。

KnK事務局長ドミニク・レギュイエからは、「強くなってください。そして笑顔でいてください。そうすれば皆さんの周りの人も笑顔になります。希望を持って」とメッセージをお贈りいたしました。

皆さんの拍手で体育館を後にしたスタッフ一同。帰り際、校庭には友だちと走り回る子どもたちの歓声が響いていました。


KnKは2012年も山田町で支援活動を行います。田の浜地区に新たに建設するコミュニティセンターは、子どもたちや地域の方々が安全に集える場所になります。そのためにはまだまだ皆さまからのご協力が必要です。今年も変わらぬご支援をどうぞよろしくお願い申し上げます。

山田町田の浜地区のコミュニティセンター再建を支援します

中・長期的に活動を継続していけるよう、皆さまからのご寄付をどうぞよろしくお願いいたします。
KnKが行う、東日本大震災被災地での支援活動に対するご寄付は、税制優遇の対象になります。

>インターネット寄付(KnK HOME)
>寄付するには

>「指定寄付金」制度による税制優遇と控除について


寄付する 資料請求 人材募集 KnKブログ 各種レポート
KnK岩手TOPインターネット寄付お問合せ資料請求よくある質問サイトマップリンクプライバシーポリシーKnKホームページ
認定NPO法人 国境なき子どもたち (KnK) 【事務局】 〒161-0033 東京都新宿区下落合4-3-22 Tel:03-6279-1126 Fax:03-6279-1127   ◇地図◇
Copyright © KnK Japan