国境なき子どもたち(KnK)は開発途上国のストリートチルドレンなど恵まれない青少年を支援するNGOです。東日本大震災発生以降は、岩手県における教育支援を開始しました。
国境なき子どもたち 岩手
TOP最新ニュース20112012

大船渡市で公民館の修復・再建事業を開始します

2012/08/15
報告:KnK事務局長 ドミニク・レギュイエ


2011年11月、KnKは大船渡市から要請を受け、津波で被災した17ヵ所の公民館の再建・修復を行うことになりました。この支援事業は、大船渡市とKnKおよび地域公民館が費用を負担し合う試みとなり、市内各地域の自治会も土地や建設会社の選定などこの事業に積極的なご協力をいただいています。

この支援事業においては、KnKのメインパートナーとして、The JTI Foundation(JTI財団)よりその修復・再建費用を寄付してくださることが決定いたしました。

また震災以降KnKを通じて被災地へ支援の手を差し伸べてくださる、サンゴバン株式会社、株式会社ハースト婦人画報社、寺田倉庫グループ、クレディ・アグリコルグループ、ナティクシスグループ、トレルボーググループ、東日本大震災復興支援財団、北加日本文化コミュニティー・センター(JCCCNC)、コルトモルテド、JANICなど企業・団体の皆さまからのご寄付、そしてKnKの支援者の皆さまからのご寄付も、この支援事業へと使用させていただきます。

17ヵ所のうち、まず神坂地区、小細浦地区、平地区の再建・修復が開始され、2012年内にその他4ヵ所を加えた計7ヵ所の公民館が完成する予定です。そして2012年から2016年までに、残り10ヵ所の公民館が順次完成する予定となっています。

  修復工事前の神坂公民館  

     
  修復工事開始後  

この支援事業により、KnKは大船渡市の復興に長期にわたって関わっていくことができます。
復興には時間がかかります。これからも被災地に関わり続けていくことは、私たちの願いであり、また地域の人々の「心の拠り所」である公民館やコミュニティセンターの再建・修復を通じて被災地に寄り添う活動を続けられることは、私たちの誇りでもあります。


公民館は、地域のお祭りに使用する道具や楽器の保管場所でもある


訪問した日は、ちょうど大船渡市のお祭りの日だった

これからもKnKは中長期的な活動を通じて、被災地の復興に協力してまいります。

2012年4月、KnKが主にロクシタングループからのご支援により修復を進めていた、釜石市のコミュニティセンター「青葉ビル」が再オープンを迎えることができました。(ニュースはこちらから)
9月には、LVMHグループからのご支援により進められている山田町田の浜地区コミュニティセンターが起工式を迎えます。センターは2013年3月に完成する予定です。
(ニュースはこちらから)

         <この事業はThe JTI Foundation (JTI財団)のご支援で実施されます。>


大船渡市のその他のニュースを読む

中・長期的に活動を継続していけるよう、皆さまからのご寄付をどうぞよろしくお願いいたします。
KnKが行う、東日本大震災被災地での支援活動に対するご寄付は、税制優遇の対象になります。

>インターネット寄付(KnK HOME)
>寄付するには

>「指定寄付金」制度による税制優遇と控除について


寄付する 資料請求 人材募集 KnKブログ 各種レポート
KnK岩手TOPインターネット寄付お問合せ資料請求よくある質問サイトマップリンクプライバシーポリシーKnKホームページ
認定NPO法人 国境なき子どもたち (KnK) 【事務局】 〒161-0033 東京都新宿区下落合4-3-22 Tel:03-6279-1126 Fax:03-6279-1127   ◇地図◇
Copyright © KnK Japan