国境なき子どもたち(KnK)は開発途上国のストリートチルドレンなど恵まれない青少年を支援するNGOです。東日本大震災発生以降は、岩手県における教育支援を開始しました。
国境なき子どもたち 岩手
TOP最新ニュース20112012

地域拠点の再建に向けて(山田町田の浜地区)  

ニュース一覧に戻る
前のニュース次のニュース

2012/11/16
報告: KnKスタッフ 熊本 晃順


国境なき子どもたちは、被災地の子どもたちへの教育支援と同時に、公民館やコミュニティセンターなど人々が集まる地域拠点の修復・再建事業も行っています。
(釜石市では青葉ビルの修復を行いました→ニュースはこちらから)

今日はその進捗状況を皆さまにご報告したいと思います。

<山田町田の浜地区コミュニティセンター
9月12日(水)、山田町田の浜地区に再建されるコミュニティセンターの起工式が行われました。 式には、山田町町長佐藤信逸氏、前山田町町長沼崎喜一氏、山田町役場職員の方々、工事関係者の方々、KnKと共に本事業をご支援くださるLVMH モエ ヘネシー・ルイ ヴィトン・ジャパン代表取締役社長エマニュエル・プラット氏、同社社員の方々など約50名がご参式され、KnKからも会長寺田朗子やKnKスタッフが参加いたしました。


山田町町長佐藤信逸氏は「地域交流や防災、町づくりの拠点として活用してほしい」と述べられた

黙祷を捧げるエマニュエル・プラット氏(右)と寺田朗子(左)

この再建事業については、2011年12月に土地の測量が行われており、以降建物の設計や土地の造成を経て、ついに工事開始となる起工式を迎えることができました。


被災した沿岸部から、より高台へ

造成を終えた建設地

田の浜地区は、山田町の中でも被害が最も大きかった地域のひとつと言われており、地区の60%以上の家屋が全壊し、半壊や一部損壊なども含めると地区の70%以上が被災してしまいました。
また震災によりかつてのコミュニティセンターが被災したことで、人々が集まる場所はおろか、緊急時の避難場所や防災の拠点となる場所も失われてしまいました。


被災したかつてのセンター(2011年8月23日撮影)

そのためセンターの再建は、防災という面からも、そして子どもから大人までが集う地域活動の拠点という面からも、田の浜地区の復興へつながる一歩となります。

コミュニティセンターは、2013年3月に完成する予定です。KnKは今後もこのような中長期的プロジェクトを通じ、被災地域の復興、そして人々が再び集える場所の再建へお力添えをし続けてまいります。


遠くに海が臨める新しいセンター建設地

式に参加したKnKスタッフ

    <この事業はLVMH モエ ヘネシー・ルイ ヴィトン グループのご支援により実施されます。>


山田町のその他のニュースを読む

中・長期的に活動を継続していけるよう、皆さまからのご寄付をどうぞよろしくお願いいたします。
KnKが行う、東日本大震災被災地での支援活動に対するご寄付は、税制優遇の対象になります。

>インターネット寄付(KnK HOME)
>寄付するには

>「指定寄付金」制度による税制優遇と控除について


   

ニュース一覧に戻る
前のニュース次のニュース

寄付する 資料請求 人材募集 KnKブログ 各種レポート
KnK岩手TOPインターネット寄付お問合せ資料請求よくある質問サイトマップリンクプライバシーポリシーKnKホームページ
認定NPO法人 国境なき子どもたち (KnK) 【事務局】 〒161-0033 東京都新宿区下落合4-3-22 Tel:03-6279-1126 Fax:03-6279-1127   ◇地図◇
Copyright © KnK Japan