国境なき子どもたち(KnK)は開発途上国のストリートチルドレンなど恵まれない青少年を支援するNGOです。東日本大震災発生以降は、岩手県における教育支援を開始しました。
国境なき子どもたち 岩手
TOP最新ニュース201120122013

地域拠点の再建に向けて(大船渡市岩崎地区)

 

ニュース一覧に戻る
前のニュース次のニュース

2013/04/04
報告: KnK岩手スタッフ 東 洋平

                     
                      岩崎公民館の祝賀会は晴天のもと開催されました

国境なき子どもたち(KnK)では、2011年11月より大船渡市から要請を受け、東日本大震災で被災した市内17ヵ所の地域公民館の修復・再建・移転新築の支援を行っております。

去る3月17日に本プロジェクトの3番目の完成となる三陸町綾里地区の岩崎公民館の完成落成式が行われました。大勢の地域の方やKnK会長 寺田朗子をはじめとするスタッフが参加し、盛大な会となりました。

震災前、岩崎地区は約120戸あったそうですが、約30戸が流失。震災後、地域に残りたくても残ることが難しく、他の土地へ移転を余儀なくされた方もいらっしゃるそうです。岩崎町内会では、そういった方たちのためにお別れ会を開き、住み慣れた土地を離れざるを得ない方たちとの別れを惜しんだそうです。聞いていてとてもつらいお話でしたが、反面、地域が持つコミュ二ティがとても強いからこそのことだと感じました。

式の中で、町内会の方々が地域に伝わる郷土芸能の「権現様」(ごんげんさま)を披露してくださいました。この郷土芸能は、古くから岩手県沿岸南部に広く伝わる獅子頭を使った踊りだそうです。本来は、権現様三体が一緒になって踊るものだそうですが、この日はワカメ漁が忙しく踊り手が足りないことから、一体のみの踊りになったそうです。三体での踊りを拝見できなかったのは残念ですが、一体のみの踊りでもとても勇壮なものでしたし、なにより地域が復興しつつある証拠だと思います。2015年には大船渡市で四年(数え年で五年)に一度開催される「五年祭」という祭りがあり、そちらに岩崎町内会のみなさんも参加されるそうですので、三体での踊りはその時にあらためて拝見したいと思います。

      
        友情のライブラリーを読みながら出番待ち


     地域の方々による権現様の披露

また、権現様の前の子どもたちの踊りは「ささら」と呼ばれているそうです。このささらを踊っている子どもから、「今日は、本当は家族と仙台に買い物に行く予定だったけど、せっかく自分たちの公民館ができるんだし、そこでささらを踊りたい!」と、残ってくれたそうです。岩崎地区では震災だけでなく過疎化の影響により、子どもの数が少なく、将来、地域を担うであろう子どもたちが、自分たちの地域や伝統を大事にしてくれることは、本当に大切なことだと感じています。こういった子どもたちの思いと地域をつなぐためにも、今後もKnKでは、引き続き5年間にわたる大船渡市内17ヵ所の地域公民館再建のプロジェクトを進めてまいります。

    
 公民館再建事業への想いを伝えるKnK会長 寺田朗子
 

最後に、この公民館再建のプロジェクトを担当し、地域の復興の一端に携わることができ、あらためて本当に良かったと感じられた一日でした。また同時に、被災した他地域においても一日でも早い公民館建設を待ち望んでいる方がまだまだ多くいらっしゃることが窺い知ることができ、あらためて気を引き締めた一日でもありました。

被災地にいらっしゃる方々が一日でも早く笑顔を取り戻せる日が来るよう、KnKスタッフ一同、復興支援活動に取り組んでまいりますので、変わらぬご支援のほど、何卒お願い申し上げます。

         <この事業はThe JTI Foundation (JTI財団)のご支援で実施されました。>


大船渡市のその他のニュースを読む

中・長期的に活動を継続していけるよう、皆さまからのご寄付をどうぞよろしくお願いいたします。
KnKが行う、東日本大震災被災地での支援活動に対するご寄付は、税制優遇の対象になります。

>インターネット寄付(KnK HOME)
>寄付するには

>「指定寄付金」制度による税制優遇と控除について


   

ニュース一覧に戻る
前のニュース次のニュース

寄付する 資料請求 人材募集 KnKブログ 各種レポート
KnK岩手TOPインターネット寄付お問合せ資料請求よくある質問サイトマップリンクプライバシーポリシーKnKホームページ
認定NPO法人 国境なき子どもたち (KnK) 【事務局】 〒161-0033 東京都新宿区下落合4-3-22 Tel:03-6279-1126 Fax:03-6279-1127   ◇地図◇
Copyright © KnK Japan