国境なき子どもたち(KnK)は開発途上国のストリートチルドレンなど恵まれない青少年を支援するNGOです。東日本大震災発生以降は、岩手県における教育支援を開始しました。
国境なき子どもたち 岩手
TOP最新ニュース2011201220132014

「走る! KnK子どもセンター」に素敵なお客さま  

ニュース一覧に戻る
前のニュース次のニュース

2014/12/16
報告:「走る! KnK子どもセンター」畠山 理恵、菅野 洋子
   
2014年11月17日(月)、国境なき子どもたち(KnK)をご支援くださっているルイ・ヴィトン ジャパンの皆さまが、現地の子どもたちと直接ふれあう機会を持ちたいということで、岩手県陸前高田市で運行している移動型子どもセンター「走る! KnK子どもセンター」をご訪問くださいました。
   
小学生の部は竹駒小学校前での運行へのご訪問でした。いつものようにバスの中で勉強していた子どもたちは、突然の訪問に最初はビックリ!恥ずかしがっていた子どもたちでしたが、とても優しく接してくださる社員の皆さんにすぐに打ち解けた様子でした。
勉強が終わった後は同社沖縄店の方からのお土産 「うちなーぐちカルタ(沖縄の方言で書かれたカルタ)」で、沖縄銘菓の 「ちんすこう」争奪カルタ大会がスタート。「アチコーコー オバーが作った ヒラヤーチー」「は〜い!」。意味はわからずとも、バスの中でカルタめがけて元気にスライディング!勝った子どもがもらう「ちんすこう」の山がどんどん高くなっていきます。白熱する子どもたちの様子を社員の皆さんも微笑ましく見守ってくださっていました。  

その後、 社員の皆さんと一緒に木と皮のクラフト作りにも挑戦しました。細かいパーツの組み合わせに苦労している子どもたちにも丁寧に優しく教えてくだ さいました。完成した作品で、早速友だちと遊ぶ姿も見られました。その後、集合写真を撮影して、みんなで「ありがとうございました」のご挨拶をして終了となりました。
木製の熱帯魚、皮製の子牛・・・子どもセンターが、まるで作品展会場のようです!

続いて、社員の皆さまは長部漁村センター駐車場へ移動し中学生の部へ。3年生はすでに受験モードのため、マンツーマンで英語などの勉強を教えていただきました。また、 iPadの様々な機能を使った動画撮影やゲーム、同社シンガポール店のスタッフの方とのスカイプによる会話など 、普段はできない貴重な体験もさせていただきました。
今回のルイ・ヴィトン ジャパン皆さまのご訪問により、子どもたちのいきいきした様子がたくさん見られました。 普段とはまた違ったアクティビティー は私たちスタッフにとって勉強になることも多く、これからの活動に活かしていきたいと思いました。
   
子どもたちが集中して勉強に取り組む姿を、久しぶりに見ることができました(◎o◎)
苦手科目を克服し、目指せ希望校合格だ!!
     
陸前高田市の復興も少しずつ進んではおりますが、仮設住宅に住む子どもはいまだ多いのが現状です。 子どもたちが放課後に安心して過ごせる場所のひとつとして、国境なき子どもたちの 「子どもセンター」を運行してまいります 。今後とも温かいご支援をよろしくお願いいたします。
     
 

<この活動はルイ・ヴィトン ジャパンのご支援により実現いたしました>

 

中・長期的に活動を継続していけるよう、皆さまからのご寄付をどうぞよろしくお願いいたします。
>インターネット寄付(KnK HOME)
>寄付するには

   

ニュース一覧に戻る
前のニュース次のニュース

 

↑KnK岩手活動報告ビデオ2014↑
寄付する
資料請求 人材募集 KnKブログ
各種レポート

KnK岩手TOPインターネット寄付お問合せ資料請求よくある質問サイトマップリンクプライバシーポリシーKnKホームページ
認定NPO法人 国境なき子どもたち (KnK) 【事務局】 〒161-0033 東京都新宿区下落合4-3-22 Tel:03-6279-1126 Fax:03-6279-1127   ◇地図◇
Copyright © KnK Japan