国境なき子どもたち(KnK)は開発途上国のストリートチルドレンなど恵まれない青少年を支援するNGOです。東日本大震災発生以降は、岩手県における教育支援を開始しました。
国境なき子どもたち 岩手
TOP最新ニュース20112012201320142015

真冬に白熱の闘いを、再び!  

ニュース一覧に戻る
前のニュース次のニュース

2015/01/22
報告:「走る! KnK子どもセンター」 畠山 理恵、菅野 洋子
   

2015年も「走る! KnK子どもセンター」は
岩手県陸前高田市内3カ所(滝の里、竹駒、長部)で運行を続けています!
今回は昨年末に開催したイベント 「子どもセンタークリスマス会2014」についてご報告いたします。

   

2014年は12月に入ると、子どもセンターはすっかり受験モードになりました。そんな中、子どもたちから「今年はクリスマス会やらないんですか?」「クリスマス会やりたいです!」の声が多く上がりました。ということで、昨年同様、小学生・中学生の部に分かれ、クリスマス会を開催することとなりました。

小学生のクリスマス会は12月24日に滝の里小学生の部、12月26日に竹駒小学生の部を子どもセンターの中で行いました。今年もまずはバス内の装飾をして、センターはクリスマスモードに早変わり!その後はビンゴで盛り上がり、「メリークリスマ〜ス!!」の掛け声と共にクラッカーを鳴らし、みんなでクリスマスケーキを食べました。お腹がいっぱいになったあとはカルタ大会や、大切な人へのメッセージカード作りをしました。カラーペンやマスキングテープを使いながら、日頃なかなか伝えられない感謝の言葉などを書き、思い思いのメッセージカードを作成していました。

番号が呼ばれるたびに一喜一憂!
ケーキをペロリ〜♪

中学生の部のクリスマス会は、12月23日に気仙町の長部漁村センターをお借りして、バスを利用している中学生が集まりました。中学生も昨年同様、「参加者全員が楽しく盛り上がれるイベント」を目標に開催しました。今回は男子チームがカレー作り、女子チームがパフェの準備を担当。何度目かの料理企画なので子どもたちの手際も良く(野菜を切る姿や生クリームを泡立てる姿、中にはフルーツをつまみ食いする姿・・・もありつつ)、調理中も和気あいあいと盛り上がり、男の子も積極的に料理や洗い物をする頼もしい様子が見られました。

男子チーム・女子チームで料理分担して取り組みました。 手さばきもかなりのモノ!!

約1時間でカレーとパフェが完成。調理室から和室に移動し、ジュースを手にみんなで乾杯!サブ目標に「子どもたち自身で作るイベント」を掲げていたので、乾杯の音頭は気仙中学校3年生の熊谷君に急遽お願いしました。スタッフからのいきなりのご指名というムチャブリにも関わらず、グラスを手に持ち「え〜、今年も1年お疲れさまでした。2014年もいろいろありましたが、無事1年を終えることができそうです」と流暢に喋りだし、会場は「クリスマス会じゃなくて忘年会かよ!」というツッコみと大爆笑に包まれました。そんな元気な乾杯後の食事は特に美味しく、あっという間にカレーもパフェも間食してしまいました。

その後は班対抗イントロ当てクイズや、某テレビ番組の人気ゲーム「めちゃギントン」でゲーム大会をしました。2013年12月のクリスマス会でも滑り込みで回答する熱い戦いを見せてくれたイントロ当てクイズでは、今年も男女、学年に関係なくピンポンを押しに走る激戦が見られました。結果は女子3学年連合チームの圧勝!しかし、1年生チームや3年生男子チームも踊りを披露して盛り上げてくれました。「めちゃギントン」とは輪になって「めーちゃギントン♪」という掛け声に合わせて「お題」と「答え」をリズムに合わせて繰り返していくゲームです。ここでも3年生を筆頭に、隣の人からの難しいお題に瞬時に答えてみんなを感心させたりと、笑いに包まれました。時間いっぱい2つのゲームをして、最後は記念撮影でクリスマス会は無事終了しました。
チームのネーミングにも個性が光ります☆
「負けられない闘いが、そこにはある」 @長部漁村センター
自分の番がいつまわってくるかと ヒヤヒヤ〜;
罰ゲーム「キス顔披露」・・・シャッターチャンスです!

今年も中学生は子どもセンターを飛び出しての開催でした。普段は別々の運行場所で個々の姿を見ていますが、集結すると、子どもたちはさらに元気いっぱいだったように思います。子どもたちは進んで会に参加し、学年を越えて仲良く楽しく遊んでいました。日頃の活動では見られない、子どもたちの新たな一面がまたひとつ見えたイベントとなりました。中学3年生の多くは、本格化する受験勉強前の区切りとしてクリスマス会に参加したようです。受験へのラストスパート!勉強に励む子どもたちを応援すると共に、子どもたちが安心して過ごせる居場所の一つとして、これからも見守ってまいります。

国境なき子どもたち(KnK)は、2015年も陸前高田市で「走る! KnK子どもセンター」を運行してまいります。皆さまのご支援ご協力を、どうぞよろしくお願い申し上げます!

 

この活動は 日本の支援者の皆さまと、
企業・財団をはじめとする世界各国の皆さまからの温かいご支援により実現できました

 

中・長期的に活動を継続していけるよう、皆さまからのご寄付をどうぞよろしくお願いいたします。
>インターネット寄付(KnK HOME)
>寄付するには

   

ニュース一覧に戻る
前のニュース次のニュース

 

↑KnK岩手活動報告ビデオ2014↑
寄付する
資料請求 人材募集 KnKブログ
各種レポート

KnK岩手TOPインターネット寄付お問合せ資料請求よくある質問サイトマップリンクプライバシーポリシーKnKホームページ
認定NPO法人 国境なき子どもたち (KnK) 【事務局】 〒161-0033 東京都新宿区下落合4-3-22 Tel:03-6279-1126 Fax:03-6279-1127   ◇地図◇
Copyright © KnK Japan