国境なき子どもたち(KnK)は開発途上国のストリートチルドレンなど恵まれない青少年を支援するNGOです。東日本大震災発生以降は、岩手県における教育支援を開始しました。
国境なき子どもたち 岩手
TOP最新ニュース201120122013201420152016

ありがとう、「走る! KnK子どもセンター」

 

ニュース一覧に戻る
前のニュース次のニュース

2016/02/16
報告:「走る! KnK子どもセンター」 畠山 理恵、菅野 洋子

 
ジャパン・プラットフォーム 助成事業

「走る! KnK子どもセンター」が走り続けて4年と2ヵ月。
岩手県陸前高田市内7ヵ所の仮設住宅などで、
小中学生を対象にした放課後の居場所づくり、見守り活動に取り組んでまいりました。

ご支援くださった皆さま、 そして活動を見守り続けてくださった皆さま、
運営に際しご協力いただきました皆さま。
長きにわたり活動を応援くださり ありがとうございました!

   
本事業は東日本大震災津波災害により物理的にも心理的にもこれまでの居場所を失った子どもたちを対象に、安心して友だちと過ごせる場所、集中して勉強できる場所の提供として関係機関の皆さまのご協力のもと活動を続けてまいりました。活動の最終年となった今年度は放課後の見守りだけではなく、地域の方々が主体となった子どもたちの居場所づくりが行われるよう、自治会や地元の支援団体の方々と連携した地域交流会や、陸前高田市において子どもが活用できる施設でのイベントや交通機関を使った遠足なども実施しました。 震災から間もなく5年が経とうとしている現在、陸前高田市内に学童保育などの居場所ができ、また子どもたちも仮設住宅での生活に慣れるなど、子どもたちを取り巻く状況や環境にポジティブな変化が見られるようになりました。それに伴い本事業のニーズの減少も認められたため、2016年2月13日を持って終了することとなりました。

この度の事業終了にあたり、子どもセンターを今年度利用した子どもたちやOB、OG、事業に携わっていただいた皆さまと一緒に、2月13日に卒業合同交流会を開催いたしました。当日はインフルエンザ流行のため参加を自粛した小学生が多く残念でしたが、別の小学校から3名と、現在は中学生となったOB、OG(運行開始当初は小学生でした)10名の計13名が参加してくれました。第1部では子どもたちとスタッフが一緒にご飯を作ったり体を動かしてたくさん遊ぶ時間、第2部は卒業セレモニーの時間と、2部構成で行いました。懐かしい顔ぶれがそろい、同窓会のようになりました。

午前中に開催された第1部では自己紹介から始まり、スタッフや子どもたち同士で盛り上がりました。久しぶりに会った子どもたちは「にぎやかなところ変わってないね〜」と思う部分や、「大きくなったね〜、大人っぽくなったね〜!」と成長を感じる部分もあり、スタッフも思い思いに子どもたちとふれあいました。

子どもセンターの外でも仲良し!笑顔が絶えないね。

子どもセンターで最後に会った日が、つい最近のことのよう。
その後は、KnK恒例のビンゴ大会です。中学生は罰ゲームをかけて闘い、一喜一憂しながらの白熱した闘いになりました。1位はなんと小学生!その後は「たくさん穴があいているのにリーチにならない!」「トリプルリーチなのにビンゴにならない〜」など上がれない状況が続き、中学生も終始ドキドキしながら最後まで楽しんでいるようでした。

気がつくと、あっという間にお昼の時間です。今回はお好み焼きと焼きそばを作りました。子どもたちが進んで下準備をしていたのが印象的でした。お好み焼きを焼く場面では中学生を中心に男子が活躍していましたが、女子も引っくり返す場面で挑戦していました。焼きそばでは小学校低学年の男の子が切った野菜を投入し、スタッフと中学生が焼きました。その傍らでは、みんなのコップにしっかり名前を書いてジュースを注ぐ女の子がいて、一人ひとりが楽しみながらてきぱきと準備をしました。力を合わせて自分たちで作った料理はとても美味しくでき上がりました。


小学生も自分ができることを見つけてチャレンジ!

焼き上がりが楽しみです。はやく、みんなで食べたいな♪

スライドショーに夢中で、箸が止まる子も続出。

お皿山盛り!美味しいからペロッと食べます★
お好み焼きと焼きそばを食べながら、今年度行われた行事を中心としたスライドショーを上映しました。「あ、これ楽しかったな〜」「僕、これに来てたよ!」など、自分や友だちの姿を探してじっくり見ていました

食後は、過去のイベントでも子どもたちに大人気だった音楽クイズ「イントロドン」とKnKカルタを楽しみました。イントロドンはそれぞれに得意ジャンルがあるようで、意外な子が回答したり、わかったようなわからないような状態でも答えようと挑戦する子がいたりと、たいへんな熱気で盛り上がりました。KnKカルタでは子どもたちがホールの端一列に並び、読み札が読まれると同時に、会場いっぱいに並べられたカルタ目指して猛ダッシュ!カルタを取っては壁に戻り、また取りに飛び出すの繰り返しで広いホールを何往復も走ったため、後半は息があがり脱落する子も出てきましたが、最後までなんとかやりきりました。

恒例のKnKカルタ。子どもセンターでのできごとを中心に子どもたちが考えた読み札にも、思い出がたくさん。

正解がわからなくても、とりあえずダッシュ!ピンポン目指して熾烈な戦いが繰り広げられました!
イントロドンとKnKカルタの総合得点で順位を決め、堂々の一位はイントロドンで活躍した中学2年生の男の子でした。ゲーム中もたくさん盛り上げてくれました。

第2部の卒業セレモニーはKnK会長や事務局長、そして子どもセンター立ち上げ当初からお世話になった来賓の方々もご参加いただき執り行うことができました。ご来賓の挨拶では子どもたちにバスの思い出や将来の夢などの質問と共に、温かいお言葉をいただきました。


第1部とはうって変わり、厳かな雰囲気で始まりました。

セレモニーに臨む子どもたちも真剣なまなざしです!!

走る! KnK子どもセンター「卒業合同交流会」式次第

来賓の方からインタビューを受ける場面も!

感謝状の縁は、子どもたちが描いたイラストです!

子どもセンターを走らせてくれた皆さまと、かたい握手を!

セレモニー中盤では、運行当初からの思い出を振り返るスライドショーを上映しました。現在は背が伸びた子どもたちの小さな頃の写真を見て、スタッフも当時を思い出して懐かしくなりました。スタッフのメッセージで締めくくったスライドショーの後は、スタッフ手づくりのメッセージカードを子どもたち一人ひとりに手渡しました。あわせて、子どもセンターの利用回数も発表すると、来賓の方々からは「おぉ〜凄いなぁ!」「1番の子は何回だったの?!」と驚きの声があがっていました。カードをもらった子どもたちは「何が書いてあるのかな?」と写真やメッセージをまじまじと見ていました。

カードには利用回数とメッセージ、そしてたくさんの写真が!

子どもたち一人ひとりへ、スタッフからの寄せ書きも。

普段は騒がしい子も、静かにじっくり。何を思うのかな?

あの日の思い出を、友だちを分かち合う姿も。
事務局長が子どもたちへ、「バスでは何が楽しかった?」と質問すると、「勉強したこと」「みんなと会えたこと」「バスの中での遊び」「イベントでの遊び」など、たくさんの答えが返ってきました。最後は一本締めのかわりに、クラッカーで「よ〜ぉっ!パンパンパン(クラッカー音)!」と、明るく会を締めました。そしてセレモニー終了後に、これまでお世話になった「走る! KnK子どもセンター」の前で記念撮影を行いました。時の流れや、子どもたちの成長を振り返りながらの記念撮影でした。

2011年12月〜2016年2月と約4年間の活動で、のべ13,864名の子どもたちを受け入れた「走る! KnK子どもセンター」。時間と共に変化していく環境の中で「変わらない居場所」として子どもたちが安心して来られる場所でありたいと、陸前高田市内を走り続けた総距離は19,133kmに及びます。子どもたちは思いっきり笑い、協力して勉強し、友だちとけんかをして泣き、時にはスタッフに叱られて――子どもセンターで共に過ごした思い出は数えきれません。本事業を通して子どもたちの日常に寄り添えたことは、スタッフにとってもかけがえのない経験となりました。

当センターの運営、イベントの実施、情報の共有やご相談などさまざまな方のお力添えのもと、本事業を実現できたことに深く感謝申し上げます。子どもセンターがきっかけとなって築かれた子どもたちと地域の方々の交流が今後も絶えることなく、街全体で子どもたちの見守りが行われ居場所が増えることを、スタッフ一同、心から願っています。

     

この活動は 認定NPO法人ジャパン・プラットフォームのご支援と
あしなが育英会のご協力により実現できました


中・長期的に活動を継続していけるよう、皆さまからのご寄付をどうぞよろしくお願いいたします  
>インターネット寄付(KnK HOME)
>寄付するには

   

ニュース一覧に戻る
前のニュース次のニュース

 

↑KnK岩手活動報告ビデオ2014↑
寄付する
資料請求 人材募集 KnKブログ

KnK岩手TOPインターネット寄付お問合せ資料請求よくある質問サイトマップリンクプライバシーポリシーKnKホームページ
認定NPO法人 国境なき子どもたち (KnK) 【事務局】 〒161-0033 東京都新宿区下落合4-3-22 Tel:03-6279-1126 Fax:03-6279-1127   ◇地図◇
Copyright © KnK Japan