国境なき子どもたち(KnK)は開発途上国のストリートチルドレンなど恵まれない青少年を支援するNGOです。東日本大震災発生以降は、岩手県における教育支援を開始しました。
国境なき子どもたち 岩手
TOP最新ニュース201120122013201420152016

今、そして未来の釜石市を見つめて――
子ども新聞「明日(みらい)への一歩」発行

 

ニュース一覧に戻る
前のニュース|次のニュース

2016/04/27
報告:KnK岩手事務所 鎌田 舞衣

   

東日本大震災の発生から5年を迎えた2016年3月30日から4月10日にかけて、
「僕らは子ども特派員! 新聞ワークショップ2016春」を開催しました!

   

未曾有の大震災から5年を迎え、目に見えるまちの様子は大きく変わりました。「復興」には至らずとも、復旧し、復興へ向けて一歩ずつ歩みを進めていると実感しています。一方、仮設住宅から災害公営住宅への転居や自宅再建も進み始め、コミュニティの再構築や他者との繋がりの希薄化が懸念されています。被災地内でも震災への興味・関心には格差があり、自分の体験や想いを発信する時期にあると感じます。そこでKnKでは子どもたちが「子ども特派員」として、復興に向けて第一線で活躍している方々に直接話を聞き、ふるさとの今や未来を考えるワークショップを開催しています。

「僕らは子ども特派員! 新聞ワークショップ」は今回で4回目を迎えます。今回お迎えした講師は岩手日報釜石支局の浅沼支局長、参加したのは釜石市在住の小中学生6名です。特派員として情報を発信するだけではなく、プロの新聞記者から新聞が手元に届くまでの流れや取材のコツ、写真の撮り方、効果的な見出しの付け方などを学び、学校でも盛んに取り組まれている新聞作りに技術を生かせるような内容になっています。
まずは新聞が家庭に届くまでの作業工程や、記者の必須道具、記者としての心得など、記者の方から直接お話を伺いました。質問コーナーで「記者として一番印象に残っている体験は何ですか?」という質問に「2011年3月11日です。これまでと言うより、きっと今後もあのできごとより衝撃的な体験は無いと思う」と現場の方ならではの答えが聞けました。これまで遠い存在だった新聞記者という仕事を身近に感じた子どもたちは、新聞作りへの意欲が上がったようでした。

そしていよいよ自分たちが記者となって新聞を作る番です!取材先候補を検討する際、どのチームもインタビューに臆することなく手が挙がったのが印象的でした。行政やイベント、スポーツに街頭インタビューなど、今回も多種多様な紙面になりそうな予感!!

取材では緊張しつつも、記者の方に教わったコツを思い出しながら奮闘しました!「質問するだけでなく、会話を楽しんでみよう。雑談する中で大切な思いを聞けたりするんだ」という記者の方の取材ポイントを思い出しながら、どんどん話を掘り下げてインタビューに挑戦していました

取材を終えたら編集会議です!取材を通じて得た情報や旬な話題を共有しました。「野球部のユニフォーム変更には、実はこんなストーリーがあったんだ」「街頭インタビューでは予想を裏切って○○という回答が多かった」と、釜石市に住む子どもたち自身も知らなかった話題が豊富にそろいました。中には新聞記者の方も「そうなの?!それは知らなかったな!」という特ダネも?!

記者の方も初耳の特ダネも入手?!

自ら掴んだ情報。自信を持って発表してくれました!

プロの方から直接ご指導いただける場面も!!

作文との違いに苦戦しながらも、決して妥協しない!

最初は「記事を書きあげられるか心配。文字数多すぎだよ〜」と言っていた子どもたちですが、いざ取材してみると集めた情報が多く、限られた文字数で伝えることの難しさに気付いたようです。現場で活躍する新聞記者の方にアドバイスをいただきながら、自分が伝えたい記事を仕上げていきました。

記者の方と相談してトップ記事など紙面の配置を検討しましたが、どの記事も子どもたちならではの視点でふるさとを見つめており、トップ記事を決めるのに大変苦労しました。

記事を仕上げて配置を決定したら、紙面に合わせてシャレを効かせた見出しや効果的な見出しを付けてチームの持ち味を足していきます。最後に各チームの記事と見出しを1枚に張り付けていき、ここに2016年度の新聞が完成です!
「震災から5年が経ち、復興してきて楽しい話題が増えているから」「釜石の夢が詰まっているから」という子どもたちの想いから、新聞のタイトルは「明日(みらい)への一歩」。新聞作りを通してふるさと釜石を見つめた子どもたちの思いが詰まった新聞になりました

最後のピースを組み合わせて・・・

↑うえの新聞「明日(みらい)への一歩」をクリックすると↑
拡大版でご覧いただけます!!

新聞「明日(みらい)への一歩」完成★


「初めて会う人にインタビューするのは緊張したけれど、聞き出したら面白くてあっという間だった」「普段の生活では接することがない人たちと出会えた」と体験を振り返る子や、「記者は『縁の下の力持ち』だと思った。輝いている人たち、頑張っている人たちの活動や姿を近くで見届けて、文字で多くの人たちに伝えている」と、記者の仕事に寄り添ったコメントも聞くことができました。

日常生活ではなかなか出会うことのない皆さんから貴重な話を聞き、子どもたち自らが情報を発信した新聞ワークショップ。この体験が、復興に向けて取り組むふるさとへの理解を深めるきっかけとなったようです。長い時間と手間をかけて一つの新聞を作り上げた達成感を自信に繋げ、今後もさまざまなことに挑戦していってほしいと思います。
     

この活動は 企業・財団をはじめとする世界各国の皆さまからのご支援と、
取材に応じてくださった釜石市内の皆さま、岩手日報釜石支局の皆さまのご協力
により実現できました


中・長期的に活動を継続していけるよう、皆さまからのご寄付をどうぞよろしくお願いいたします  
>インターネット寄付(KnK HOME)
>寄付するには

   

ニュース一覧に戻る
前のニュース|次のニュース

 

↑KnK岩手活動報告ビデオ2014↑
寄付する
資料請求 人材募集 KnKブログ

KnK岩手TOPインターネット寄付お問合せ資料請求よくある質問サイトマップリンクプライバシーポリシーKnKホームページ
認定NPO法人 国境なき子どもたち (KnK) 【事務局】 〒161-0033 東京都新宿区下落合4-3-22 Tel:03-6279-1126 Fax:03-6279-1127   ◇地図◇
Copyright © KnK Japan