国境なき子どもたち(KnK)は開発途上国のストリートチルドレンなど恵まれない青少年を支援するNGOです。東日本大震災発生以降は、岩手県における教育支援を開始しました。
国境なき子どもたち 岩手
TOP最新ニュース2011

「走る! KnK子どもセンター」、走り! だしました

2011/12/09
報告:KnK岩手調整員 東 洋平


「走る! KnK子どもセンター」、オープン!

皆さまのご助力、ご協力により12月1日に陸前高田市内において「走る! KnK子どもセンター」の運行を開始することができました。この場を借りて、スタッフ一同御礼を申し上げます。

現在、陸前高田市内の滝の里仮設団地にて、16時から19時まで気仙小学校や竹駒小学校の高学年を対象に運行中です。「走る! KnK子どもセンター」は一般の旅客用バスに改造を施し、中に学習や読書などができるスペースを設けてあります。また、発電機や外部から電源を取ることができるようにしてあり、勉強する際に暗くないよう机の上部にLED照明を取り付けたり、これから寒さが厳しくなる季節に向け、暖房設備を新たに備え付けて対応しています。

運行を開始するまでは、子どもたちに喜んでもらえるかなと不安だったのですが、実際、子どもたちにはとても好評で、スタッフ同士で話すのもはばかれるほど静かに勉強に集中しています。宿題が終わった後は、絵を描く子、折り紙をする子、友だち同士で話をする子などさまざまですがどの子も生き生きとして、見ているこちらが嬉しくなるほどです。

子どもたちに感想を聞いてみても、「仮設の中だと集中しづらいけど、ここだと静かだから勉強に集中できる」という子や、「みんなと一緒に勉強したり、遊んだりできるから楽しい」と反応も上々です。


本棚に友情のライブラリーの本を補充するKnKスタッフ


子どもたちが落ち着いて過ごせる居場所になるように

また、センターには「友情のライブラリー」プロジェクトを通じて、全国からお寄せいただいたメッセージ付きの本を置き、自由に子どもたちが読んだり、持ち帰ったりできるようにしてあります。子どもたちが我先にと本を選んでいる姿を目の当たりにした際には、先の不安を吹き飛ばすほどの驚きと喜びを感じることができました。

現在、2台目も改造中で12月9日に運行を予定しています。

今後、子どもたちが自由な発想でセンターの様々な使い方を提案したり、また子どもたちの夢の実現に一翼を担う素敵な場所になるよう、この「走る! KnK子どもセンター」プロジェクトを進めてまいります。


子どもたちの表情は真剣そのもの

苦手な問題は、一緒に解こう!

陸前高田市のその他のニュースを読む

友情のライブラリーの本を釜石市宮古市の小学校に届けました!

寄付する 資料請求 人材募集 KnKブログ 各種レポート
KnK岩手TOPインターネット寄付お問合せ資料請求よくある質問サイトマップリンクプライバシーポリシーKnKホームページ
認定NPO法人 国境なき子どもたち (KnK) 【事務局】 〒161-0033 東京都新宿区下落合4-3-22 Tel:03-6279-1126 Fax:03-6279-1127   ◇地図◇
Copyright © KnK Japan