国境なき子どもたち(KnK)は開発途上国のストリートチルドレンなど恵まれない青少年を支援するNGOです。東日本大震災発生以降は、岩手県における教育支援を開始しました。
国境なき子どもたち 岩手
TOP最新ニュース201120122013

ビデオワークショップ in 岩手!

 

ニュース一覧に戻る
前のニュース次のニュース

2013/1/24
報告: KnKスタッフ 鎌田舞衣

被災地の子どもを対象にしたビデオワークショップ「君が作る!3分間ビデオ番組―入門教室2013新春―」が1月7日(月)から11日(金)にかけて、岩手県下閉伊郡山田町で開催されました。

「子どもたちが将来に夢を持てない」という保護者や教育関係者からの声、そして自分の未来に対し「家が欲しい」「自分のスペースが欲しい」という現実的な願いが先行し、将来の夢を描きにくくなっている子どもたち―現地での活動をとおし、子どもたちを取り巻くこういった状況を確認したKnKは、彼らが自由に自己表現をできるイベント、子どもの関心分野での職業体験、また写真や映像ドキュメンタリー制作などの第一線で活躍する人たちとの交流を含むワークショップなど、子どもたちが自由に将来の夢を描くきっかけを提供する活動を行っています。

今回のビデオワークショップの講師は、「タケオ」などのドキュメンタリー映画を手掛けている常田高志さんです。山田高校をお借りして開催されたこのワークショップでは、撮影したいテーマの決定から最終的に3分間のビデオ番組を制作編集するまでを参加者が手掛け、一つの作品を完成させます。映像や編集に興味のある子や専門的な知識を深めたい子など、山田町と大槌町から高校生の女の子5名が参加してくれました。

 【ワークショップ日程】
◆1日目:ビデオ番組ってどんなものだろう?
◆2日目:撮影や編集の基礎を学ぼう!
◆3日目:ショートムービーを作ってみよう!
◆4日目:題材を決めて、外に出て撮影しよう!
◆5日目:編集、ナレーション収録をして完成させよう!

撮影の基礎を学び、改めてどのような3分間の映像を撮りたいのか、誰に何を伝えたいのかを話し合い、ふるさとである山田町や大槌町の現状や魅力を発信する映像を撮ることとなりました。
店舗に伺って撮影やインタビューをする中で、ビデオ撮影の技術やふるさとへの興味関心はさらに高まっているようでした。予想を超えた多くの映像が撮れたので、急きょ3分間の予定が5分のビデオ番組へと変更になるほどです。伝えたい想いを5分間の映像に詰め込もうと、真剣なまなざしで編集作業に打ち込んでいました。

                撮影の基礎をメモを取りながら真剣に学ぶ様子。近寄って見てみよう!!
   
            お店へ撮影依頼の電話をしたりインタビューしたり、ベストポジションを選ぶのも自分!

最終日には小さいながらも、作成した映像の上映会を開催しました。悪天候の中、参加者のご家族も足を運んでくださいました。上映会が終わると参加者や観客席から自然と拍手が沸き起こり、5日間のワークショップが幕を閉じました。

          〈このワークショップはGive2Asia/ ロクシタンのご支援で開催いたしました>


山田町のその他のニュースを読む

中・長期的に活動を継続していけるよう、皆さまからのご寄付をどうぞよろしくお願いいたします。
KnKが行う、東日本大震災被災地での支援活動に対するご寄付は、税制優遇の対象になります。

>インターネット寄付(KnK HOME)
>寄付するには

>「指定寄付金」制度による税制優遇と控除について


   

ニュース一覧に戻る
前のニュース|次のニュース

寄付する 資料請求 人材募集 KnKブログ 各種レポート
KnK岩手TOPインターネット寄付お問合せ資料請求よくある質問サイトマップリンクプライバシーポリシーKnKホームページ
認定NPO法人 国境なき子どもたち (KnK) 【事務局】 〒161-0033 東京都新宿区下落合4-3-22 Tel:03-6279-1126 Fax:03-6279-1127   ◇地図◇
Copyright © KnK Japan