国境なき子どもたち(KnK)は開発途上国のストリートチルドレンなど恵まれない青少年を支援するNGOです。東日本大震災発生以降は、岩手県における教育支援を開始しました。
国境なき子どもたち 岩手
TOP最新ニュース2011201220132014

【2014.3.11】ワークショップの足跡

 

ニュース一覧に戻る
前のニュース次のニュース

2014/03/07
報告:KnK岩手事務所スタッフ 鎌田 舞衣
   

   
「子どもたちが将来に夢を持てない」と懸念する保護者や教育関係者からの声、そして自分の未来に対し「家が欲しい」「自分のスペースが欲しい」という現実的な願いが先行し、将来の夢を描きにくくなっている子どもたち―現地での活動をとおし、子どもたちを取り巻くこうした状況を確認したKnKは、被災地の子どもを対象に、もの作りによる自己表現の場や、第一線で活躍する人たちとの交流・職業体験の機会など、子どもたちが自由に将来の夢を描くきっかけを提供する活動を2012年より開始しました。

≫数字で見るワークショップ事業
 
  人数    「子どもたちの頑張り」
フォト 35名 使用したネガ 70個
開催場所 2ヵ所
ポストカード 32名 製作時間 7時間
カードお届け数 60通
ビデオ 5名 製作時間 40時間
成果物発行部数 30部
ファッション 6名 レポート作成時間 18時間
レポート発行部数 300部
インターンシップ 4名 「現在の山田町」
プレゼンテーション
45分
(40名対象)
新聞製作 19名 取材した場所 5ヵ所
新聞発行部数 206,911部
地元食材料理 15名 使用した地元食材 11種類
配ったパンの数 約60個
TOTAL 116名  
   

2013年はドキュメンタリー映像制作、ファッション誌制作現場への職場体験、地元新聞社と子どもたちのコラボ新聞製作、地元講師による地域食材を生かしたパン作りなどを実施。ドキュメンタリー映像制作や新聞製作などのメディア制作を通して子どもたち自らが自然と「故郷」に目を向け始める姿はたくましく、その前向きな姿勢は成果物と共に多くの人へ届けられました。

≫完成物紹介(クリックすると動画や紙面内容ご覧いただけます)
       
     
     

時間をかけて子どもたちと企画を練り、話をする中で、子どもたちは本音を語り始めます。子どもたちが抱えている思いを発信し、夢に向かって進めるよう、今後も長期的なワークショップ活動を目指します。

   

【詳しいエリアニュースへ】
山田町のその他のニュースを読む
大槌町のその他のニュースを読む
釜石市のその他のニュース
を読む
陸前高田市のその他のニュースを読む


【詳しいワークショップニュースへ】
【フォト】写真ワークショップ in 岩手
【ビデオ】君が作る!3分間ビデオ番組
【インターンシップ】岩手の女子高生×グローバル企業!
【ファッション】オシャレ発信の秘密を探る!
【新聞】僕らは子ども特派員!新聞ワークショップ2013
【地元食材料理】おいしい!楽しい!手づくりパン♪

中・長期的に活動を継続していけるよう、皆さまからのご寄付をどうぞよろしくお願いいたします。
>インターネット寄付(KnK HOME)
>寄付するには

   

ニュース一覧に戻る
前のニュース次のニュース

寄付する 資料請求 人材募集 KnKブログ
各種レポート
KnK岩手TOPインターネット寄付お問合せ資料請求よくある質問サイトマップリンクプライバシーポリシーKnKホームページ
認定NPO法人 国境なき子どもたち (KnK) 【事務局】 〒161-0033 東京都新宿区下落合4-3-22 Tel:03-6279-1126 Fax:03-6279-1127   ◇地図◇
Copyright © KnK Japan